2018年09月17日

無事退院しました

IMG_5471大変久しぶりのブログ更新ですが、このたびの緊急入院・手術にて、多くの皆様に、ご心配、ご迷惑をおかけし心から申し訳ない気持ちでブログを書きました。そして皆さまから、温かなお見舞いのメッセージや贈り物をいただいましたことを、この場をお借りし心からお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

私は、51歳の誕生日を目の前に、9/2(日)の午後に、何の予兆もなく突然の腹痛の襲われ、腸捻転を発症しました。12時間の激痛に耐え忍びましたが、幸い早期発見、緊急手術ができたため、私は、命を取り留め大事に至らなく済みました。

いまは、無事退院し、日常を取り戻すためにリハビリをし、お蔭様で日増しに元気になっています。

腸捻転....ほんとうに腸がねじれる感覚とも言うべき、転がるほど痛く、私の経験上では、出産より痛かったです

偶然にも、10日ほど前に、娘の友人が、25歳という若さで、私と同じ腸捻転で、急死された出来事がありました。そんな悲しい事があった直後で、夫も、娘も、私の死を一時は、覚悟したと話していました。原因不明の腸捻転は、老若男女、突然、誰にでも、起こるそうで、とても怖いものと感じました。腹痛を軽んじることなく、レントゲン、CTスキャンで早く状態を把握することが大切なようです。誕生日に、初めての入院、手術を体験しました....。私にとっては、生涯忘れられない誕生日の出来事となりました。

IMG_5470入院中、しばらくはベッドから起き上がれなかったので、窓の向こうに見える、早秋の空や柔らかに流れる雲を毎日ベットから眺めることが、私の唯一の心のオアシスでした。

私のレッスンをお待ちくださる受講生の皆様には、休講をしてしまいましたこと、心よりお詫びを申し上げます。レッスン開始後は、生徒さんと笑顔いっぱいに楽しい時間を過ごしたいとおもいます。

自然界も不穏の日々が続いています。天災に見舞われて、今も不自由な生活をしていらっしゃる方も多いとおもいます。世界中の人が安心した心を1日でも早く取り戻せますよう、心から祈りながら、天災に遭われた皆様のご自愛を心から、心からお祈りしています☆