2017年01月22日

私にとって更年期は、更新期

大寒の季節...東京も毎日冷たい空気が肌に染みます。もうすぐ節分...時の刻みが早く感じる今日この頃です。

私は、いま心身の変化を受け止め順応している時期です。そう、誰でも通過する時期、更年期という時期をわたしは迎えています。
私は、更年期に起きる体の変化を「更年期障害」という言葉で一括りにしてしまうことを、疑問に感じています。

Image-1私にとっては、更年期は、更新期。

心身の変化を恐れず、変化を受け止め変化の先にある何かをたのしみにする、そんな気持ちで、更年期を過ごしています。病気ではないと。

今までは、子を宿し、子供のためにエネルギーを注ぎ「育む」という「母性」の役割を担っていましたが、この時期を今、卒業し、今度は、自分のためにエネルギーを注ぎ、できるだけ心身を日々元気に保ち、社会(周り)に貢献できる「本当の大人の女性」として更新する始業時期。

私は、更年期は心身を新しいものに取り替える必要が生じる時期ととらえています。

そんな素晴らしい時期が更年期ですから、もちろん今までと違う心身の変化が、いろいろな形で起きて当然と感じています。初めて起こる心身の現象に、戸惑いびっくりしてしまって、病気化しら?と勘違いしてしまうほど、変化があるかもしれません。

私も一年ほど前から、顕著に心身の変化を感じていますが、心がけていることは、『より一層、自分が美しいと感じるものに触れること』、『ムリをしないこと』、『自分を優しく扱うこと』です。

私は、「いま、毎日、更新されている!」と感じながら過ごしているので、更新後の自分を今からとても楽しみにしているところでもあります。

私の知る多くの「更新された60代の女性の皆様」は、とてもお元気でエネルギッシュ!です。素晴らしい60代が待っていると楽しみにしています。

今日も、自分を優しく扱いながら、「100歳までエレガンス!」をめざし、ムリせず、日曜日を過ごします♪久しぶりに映画でも観に行こうかしら?今日も、実りある1日となりますように☆彡