2011年01月26日

子供も大人もキレイなものが好き

1月7日早朝の椿今、椿が美しい時期です。左写真は、早朝ウォーキング中に撮った椿の写真ですが、椿を見ながら、今朝も新鮮な気持ちで朝がはじまりました。

昨日から、日経NETの「ステキな暮らしのつくり方」コーナーで、紹介されています。4時間半ほどの撮影でしたが、編集の方もカメラマンの方も、私の好きなヨーロッパのステキな文化をよくご存知で、取材以外のお話でも、おしゃべりに盛り上がった撮影でした。今回、日経さんに繋いでくださった響きさんも心より御礼を申し上げます。

ご覧いただくとご理解頂けると思いますが、私は、小さな頃から、とてもキレイなものが好きでした。それは、今も変わらぬ思い。自分が美しいと感じるものに触れていると、心が大らかに幸せになれるからです。

でもそれは、私だけのことではなく、世の中の人が「真の美しいもの」を日々追求し望んでいるのではないでしょうか。

先日、ダイエットに見事成功し、キレイになった人が選ばれる「たかの友梨シンデレラ大会2011」の決戦大会があり、2011年のグランプリの方が決まりました。私は、その時、ステージに立つ出場者の方全員に、ハイヒールの美しい歩き方、立ち方、ポーズなどの指導にあたっていました。

ステージに立つ直前に、緊張したり、感極まって涙が止まらなくなったり.....ドキドキしながらステージ脇で自分の出番を待つ出場者の方一人一人に、「大丈夫、たのしんでね」と励ましながら、実は私も自分のことのようにドキドキしていました。

私のサロンの生徒さんのように一年以上かけて指導してきたわけではなく、ほんの数日の指導でしたが、でも出場者の方にかける思いは、まるで、サロンの生徒さんを指導しているような愛おしい気持ちでいっぱいでした。情が思いっきりうつっていましたネ....(微笑)。

中には、3ヶ月で、21キロのダイエットに成功して、キレイに変わった姿を、勇気を持って披露されている方もいらっしゃいました。それまでは、自分を否定し続け、体だけでなく、心も後ろ向きの人生だったそうです。

ダイエットをして美しくなることは、こんなにも人の人生を大きく変えてしまう....ということを、深く実感した感動的な1日でした。放映は2/13なので、ご興味があったらご覧くださいね。

キレイの魔法ステッキまた昨日は「たのしい幼稚園(講談社)」の人気雑紙の取材がありました。今度は、先日指導した方と20才〜30才も違う5才の女の子モデルさんに、キレイで格好良く見えるポーズや立ち方の指導をしたのですが、やはり、小さな子供でもキレイな服を着て、ステキなポーズをすると、100倍もキラキラ光る笑顔になるのです。

昨日は、久しぶりに子供の無限のパワーを浴びてきました。(5才だった頃の娘の姿を、懐かしく思い出した日でもありました)

子供の指導の時は、夢とワクワク感、そして楽しさを与えることがさらに必要なので、昨年から子供の指導教育もはじめたことをきっかけに「キレイになる魔法のステッキ」をデザインし特注しました(写真左)。(あくまでも自己満足の世界ですが.....

スワロフスキーのクリスタルを散りばめた王冠をあしらったステッキのトップ。
これをクルクル回して昨日も指導しましたが、これは、昨日の子供達にも大人気の「魔法のステッキ」でした。

「<美>は人の体と心を豊かにするもの」そしてそれが傲慢になることなく賢くエレガントに表現できれば、人生も豊かになります。大好きな「美」のことで仕事ができる今の自分の環境に、私は心から感謝をする毎日です。。。。。。