2006年11月18日

ボジョレーヌーヴォーを楽しむ

d115b1bf.jpg11月16日、ボジョレーヌーヴォーが解禁になりました!
皆さんはすでに召し上がりましたか?

2006年の葡萄の出来はいかがでしょう?
私は今年のヌーヴォーも気に入りました。
昨年も良かったですし。

今日頂いたワインは、フレッシュで軽い感じなのですが、
口に含んだときにしっかりとぶどうの甘さが広がりました。 
花が開いたような華やかさも感じました。

今晩は、主人と娘とチーズと生ハムとバゲットで
ヌーヴォーをシンプル料理で楽しみました。
娘は。。。ちょっとヌーヴォーをなめていました(微笑)。

お店の方にヌーヴォーにピッタリなのは、
このチーズです!とオススメされた
クリーミーなチーズ「CLARINES」。

美味しかったです。。。。皆さまもぜひお試しくださいね。
2006我が家は毎年、恵比寿にある
「La Vinee ラ・ヴィネ」というワインショップで
ボジョレー・ヌーヴォーを買わせて頂いています。

ラ・ヴィネさんでしか取り扱っていない
今日頂いたヌーヴォーの作り手は、
Domaine Jean Claude Lapalu。
(蔵元ジャン・クロード・ラパリュ氏)

今や世界的に評価が高く、
ボジョレーで最も注目されている作り手だそうです。

小さな蔵元だからこそ成し得る業や
こだわりの自然農法が信頼性も高めている秘訣のようです。

好きなクラシック音楽をかけながらゆっくりと
ボジョレーヌーヴォーを楽しみました。

ワインの香り、味、色、口に含んだ食感、
ワインタイムに似合いそうな音楽を聴く。。。。。

ワインは私の五感を豊かにしてくれる
素晴らしい食文化ひとつです♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マダムれいこ   2006年11月20日 10:26
由美子さま

益々のご活躍、ホームページ等でいつも拝見
しております。

ボージョレ・ヌーボーが解禁になり、福岡でも
あちこちでワイン会が行われているようです。

私も4月にワインをこよなく愛する、諸星ダン氏
が主催するワイン会で、なかなか口にすることが
できない高価なワインを飲む機会がありました。

まるで、生きた果実のようにまろやかでした。

由美子さまのこれからのご活躍、楽しみにしております。

また、お会いできる日がくることも、楽しみにしております。

               マダムれいこ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔