2006年02月24日

私の小さなころの夢

6e96a153.jpg今日は早起きをしました。
なぜって?
トリノオリンピックのフィギュアースケート女子決勝を観るためです。

寝ぼけながらカーテンを開けたら庭にある椿が大きなつぼみに。
もうすぐ大輪に花開く椿の花を早くみたいです。

今日はフィギュアで大輪の花を咲かせた荒川静香選手。
凛として本当に美しかったです。

荒川選手はひとつひとつのステップや演技のつなぎが
流れるようになめらかです。切れた感じがまったくないです。

そして私が感じた荒川選手の美しさのポイントはもうひとつ。
肩が演技中もあがっておらず
鎖骨ラインがぶれずに真っ直ぐ伸びていたところです。

やはり早起きして観た甲斐がありました。よかったです。

私が小学生のころなりたかった夢は
バレリーナの他に実はあとふたつありました。

欲張りな子でしたねえ。(笑)

それはフィギュアースケートの選手と体操の選手です。

バレエを習わせてもらっていたので
さらにフィギュアや体操まで習わせて!とはさすがに言えず、
空想の世界でフィギュアをしている夢をいつもみていました。

ラ・バヤデール ガムザッティーバレエとフィギュアは
身体の中心軸をしっかりと保たなければ踊れないという共通点があります。

ロシアのバレリーナで世界的に人気のニーナアナニアシヴィリは
10歳のときロシアのフィギュアースケートジュニアチャンピオンになり
その直後バレリーナに転向しました。

だからあのように軸のぶれないスピード感あふれる回転が
できるのでしょう。

そして夜は谷桃子バレエ団の新春公演「ラ・バヤデール」を
家族で観に行きました。

今日は私が小さい頃なりたかった夢が
ふたつもみれた贅沢な1日でした。

荒川静香選手、谷桃子バレエ団のバレリーナのみなさま、
女性らしい清く美しい表現をみせていただき、
ありがとうございました。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔