2013年07月

2013年07月10日

パリの楽しく美しいひとときパート5

ブリストルホテルで1今日も、日差しが眩しい酷暑の東京でした。
皆さん、熱中症にはどうぞ、お気をつけくださいね。

さて、今日もパリ日記の続編です。

パリといえば、優雅なホテルで過ごす時間も醍醐味のひとつ。

私は今回、知人のご招待で、ホテルブリストルでのディナーパーティーに伺いました。

ホテルブリストルはエリゼ宮やバンドーム広場から近いところにあり、ハリウッド女優さんもよく泊まられるエレガントなホテルです。

写真はエントランスです。


ブリストル2私はこちらのホテルの中庭(写真左)が特に好きで、ゆったりとシャンパンを頂きながら夕暮れを楽しみます。

こちらの写真は、時刻にして、夜の7:30。

パリは、夜の9時すぎまで明るいので、長い1日をエンジョイできます!











ブリストルの猫写真は、ホテルブリストルで飼われている猫。


ホテルに猫がいるなんて......パリらしいですよね。






2013年07月08日

パリの楽しく美しいひとときパート4

ヴェルサイユ宮殿の庭でこんばんは。東京梅雨が明け、急に猛暑が到来で、体もビックリ!しています。

さてさて、パリ滞在の続編です。

今日はヴェルサイユの街のお話しです。ヴェルサイユ宮殿は、世界中の人が訪れる人気の観光地ですが、(左上写真は、宮殿の中庭の写真です)私はヴェルサイユの街で日曜日に開かれるマルシェも活気があって好きです。

この地区は、1600年代、ヴェルサイユ宮殿を築いた国王ルイ14世が栄えさせたと言われるノートルダム地区で、
レストラン並に美味しいお惣菜屋さん、アンティークショップもいろいろあります。



ヴェルサイユマルシェ野菜マルシェは、目移りしそうな、美味しそうな新鮮な野菜、お花屋さんが実に多いです。












ベルサイユマルシェ花印象的なのは、男性がお花屋さんで、自宅に飾るお花を注文している姿でした。日本では男性が自宅に飾る花を買う姿は、あまり見かけませんが、フランスでは、ごくごく自然な光景です。

美しい大きなブーケが15ユーロで売られており、私は、日本に持ち帰り、自宅に飾りたいぐらいでした.....。

2013年07月05日

パリの美しく楽しいひとときパート3

パリのクラシックカーレースその1こんばんは。今日も梅雨空の1日でしたが、お元気でお過ごしでしたか?

今日も引き続き、パリ滞在のお話しをいたします。

6/29に、パリのバンドーム広場で、クラシックカーレースで参加された方のゴールを祝うイベントがありました。

私の知人も参加されていましたので、その日は私も応援団に加わり、ゴールを楽しみにお待ちしました。

写真は1位だった方が、ゴールでマグナムサイズのシャンパンで勝利を祝っているところです。

華やかです!私もシャンパンを全身に浴びてしまいました!

北京から出発して、ゴールはパリ。

モンゴル草原を走りぬけ、過酷なレースに耐え抜いた参加者の皆さん、たいへんお疲れ様でした。

ゴールをされた方の笑顔は、格別で、自信に満ちあふれてイキイキとしていました。



クラシックカーレースのジャガー私は、このジャガーのクラシックカーがとっても気に入りました!ちょっと欲しくなってしまいました(微笑)。



2013年07月04日

パリの美しく楽しいひとときパート2

オペラ座シャガール天井こんばんは☆

引続き、パリのステキなひとときを日記に綴ります。

写真は、開演前の座席から、美しいシャガール天井画のオペラ座内の様子です。

これから始まる「ラ・シルフィード」のバレエ舞台。

楽しみでワクワクです。
ラッキーなことに、私は前から4番目のよく見える座席で、夢の世界に浸ることができました。




う〜ん.....本当に美しかったシルフィード。主役を踊るのは、「EVGUENIA OBRAZATSOVA」。
彼女は、繊細で美しく、風の妖精ラ・シルフィードにピッタリのバレリーナでした。

ところで、皆さん、ご存じでしたか?

実はトゥーシューズが生まれたのは、このラ・シルフィードの宙に浮いているような風の妖精を表現するために相応しい履き物として作られたというお話を......本場のこの舞台を観れば納得です。


オペラ座回廊左の写真は休憩中の憩いの場であるオペラ座の回廊です。なんとゴージャスなんでしょう.....。

観客の皆さんは、ここでシャンパンを飲みながら、パリの宵をしばし堪能しています。


本当にロマンティックです☆


2013年07月03日

パリの美しく楽しいひとときパート1

ラ・シルフィード爽やかな初夏の陽気のパリから、今朝帰国しました。

これから数日に渡って、パリで過ごしたひとときを

日記に書き綴っていきます。

楽しみに、ご覧頂けたら嬉しいです。


左の写真はパリに着いた初日の夜に、パリオペラ座で鑑賞した、「ラ・シルフィード」の作品のプログラムです。

このパリオペラ座で、1832年に初演された、風の妖精(ラ・シルフィード)の物語。
宙に浮いたように見える妖精は、うっとりするほど美しくステキでした。

オペラ座マダム2013/6/28オペラ座の舞台芸術も圧巻です。。。。。これから観るバレエ舞台を楽しみにしながらオペラ座のエントランス階段で、写真を撮ったところです♪