2011年12月

2011年12月12日

エレガンスを舞台で表現するドキドキの日

クリスマス用ホワイト花私が指導するプリマエレガンスサロンでは、12月になると毎年恒例のイベントを迎えます。昨日11日(日)に今年は行いました。

今年も、一生懸命エレガントな立ち居振る舞いを学んでくださった生徒さんが、今年一年の成果をステージで表現してくださいました。

自分らしい美しさを表現する「エレガンスエキスプレッション」。

ステージには、一人で立ちスポットライトを浴びます。
ステージ上では、美しく立つこと、歩くこと、ターン、華やかなお辞儀という4つの動きを行います。

生徒さんの動きをアップグレードする演出は、ピアノの生演奏です。

NHKテレビの「吉田都のスーパーバレエレッスン」でもおなじみのバレエピアニスト蛭崎あゆみさん。蛭崎さんの生演奏に乗って、生徒さんは、ステージ上で動きます。

今年も美しいバレエ音楽の数々を弾いてくださいました。生徒さんのために、素晴らしい音色を、この日のために特別に、奏でていただきました蛭崎さんには、心から御礼を申し上げます。


今年も、皆さん思い思いのステキなファッションで、ご参加くださいましたネ。普段着たことがない真っ白のドレスやピンクのドレス!に挑戦されたり、バレエ衣裳風のファッションで登場されたり。。。。

この日をきっかけに、自分の中に眠っていた美の才能の扉を、さらに開いて、
明日から生きるための美の活力にしていただければ.....と私は願って止みません。。。。。

私は、毎年、生徒さんが喜ぶ笑顔を拝見したくて、『こんなことを企画しよう』といつも考えます。

会場のお花(写真上)は白とグリーンでまとめました。


とらや菓子 薔薇とダイヤモンドフェアリー2そして....毎年最後に、生徒さんが頑張られた感謝の気持ちを込めて、私からのプレゼントがあります。

西洋美と東洋美を合わせた、特注御菓子です。

今年も赤坂虎屋さんのオートクチュール部の皆さまにお願いし、「バレエ眠れる森の美女より『ダイヤモンドフェアリー&花のワルツの調べ』という名の御菓子を特別に作っていただきました。(写真左)

いつものことですが、私の自己満足の世界ではありますが、虎屋オートクチュールチームの職人の皆さまにも<夢のある御菓子>とお褒めいただき、嬉しく思いました。

楽しみながら制作してくださいました、虎屋の皆さまには、心から御礼を申し上げます。

赤い薔薇&緑の葉でクリスマスを、きんとんの白は雪を表現。そして、生徒の皆さんが、これから美しく花開かれることを予感させる「つぼみ」。ダイヤモンドに見立てた琥珀のしずくは、立方体になるよう包丁でカットし、さらに立方体の角8ヶ所を切り落とす・・・・という大変緻密な作業だそうです。


とらや菓子 薔薇とダイヤモンドフェアリー1外側だけでなく、中を開くと、白いきんとんの中に、真っ赤な餡が美しく登場します。

サプライズを沢山重ねたこの時にしか、制作しないスペシャル菓子を、生徒さんが楽しみながら召し上がって頂ければ私は、とても幸せです。
来年は、どんな御菓子にしようかしら?と今から思案中です。

ご参加の生徒の皆さんは、たくさんの勇気を振り絞って、ステージに上がられたと思います。

この体験は、皆さんの美の財産に必ずなりますので、これからも、この体験を糧に、100才までエレガンス!をめざし、実りある毎日をお過ごしくださいね☆

みなさん、ほんとうによく頑張りました!ステキでしたよ☆