2009年05月

2009年05月03日

ザハーロアの美しさ

ザハーロア 赤衣裳新緑の美しい5月ですね。

とっ〜ても久しぶりに日記を書きます。

実は、この1ヶ月ほど、私の心身は、次作本の執筆の色に染まっており、
お恥ずかしながら、日記を書く余裕のない私でした><;

ベテランの作家さんでしたら、軽々と書けることでも、私は、まだ半人前の作家で、勉強中の身ですから、なかなか、まとまりのある文が書けず、試行錯誤しておりました。。。

1日約10ページほど書いて、見直したりしているうちに、あっという間に一ヶ月が経ってしまいました。

一昨日、やっと原稿も、ほぼ提出し終わり、少しひといきついています。

次作本も、私のとても好きなテーマです。きっと多くの読者の方にお役立て頂ける内容だと思います。ぜひ、たのしみにしていてくださいね。(発売は6/24です!)

ザハーロア2一息つけた、グッとタイミングの状態で、昨日は、ジャパンアーツ主催の美しいウクライナのバレリーナ、スヴェトラーナ・ザハーロア(上2枚写真)のバレエ舞台を観に行ってきました。

「ザハーロアのすべて」という舞台です。

私のサロンのステキな生徒さんや知人とご一緒に美の探求を、たっぷりとしてきました。

開演前に、特別にザハーロアのリハーサルレッスンを見学させていただきました。念入りにバーレッスンをして、本番まで集中力を高めている彼女の凛とした姿に感動しました。

お隣の席で感動を共にした友人の祐川京子さんは、大人になってから(半年前からだそうです)初めてバレエを習い、今「バレエ美」の虜になっていらっしゃるそうです。

十分魅力的な京子ちゃんだと私は思うのですが、これからもっと素敵な「エレガンスレディー」をめざしていらっしゃるそうです。

最近、大人になってから、バレエにめざめ、習う方が本当に増えましたネ。

私にとっては、嬉しいことです。

今回のザハーロアは、コンテンポラリー(現代バレエ)が中心でした。今までは、「白鳥の湖」や「ドン・キ・ホーテ」など、古典バレエを踊るザハーロアの舞台ばかり観ていましたが、コンテンポラリーのザハーロアもまたひと味違う魅力を感じました。

一言で言うと「艶のあるお色気」です。

振付家・平山素子氏が振り付けられた「Revelation」の時のロングヘアー姿も、とてもよく似合っていてステキでしたよ。

ザハーロアは、本当に均整のとれた素晴らしいプロポーションの持ち主。男性ファンがとても多いことに驚きました。

ネッリコビハーゼ2あと、もう一人、これからきっとスターバレリーナになっていく方ではないかと私が密かに感じたバレリーナがいました。


ネッリ・コバヒーゼです。(下2枚写真)


若手バレリーナですが、しなやかで表現力が豊かで、オーラがとてもありました。

イタリアの名バレリーナ、アレッサンドラ・フェリを思わせるようでした。
やはりフェリと同じで「ジゼル」がお得意のようです。


これからがたのしみなバレリーナです!


ジャパンアーツさん、素晴らしい舞台のご案内を、いつもほんとうに、ありがとうございます!

ネッリコビハーゼ「サプライズ・アンコール」もエキサイティングし、とてもたのしい舞台でした♪