2007年12月

2007年12月25日

今年のクリスマスは?

424148a1.jpg今年の12月25日のクリスマスは、
主人と娘と主人の母と家族4人で過ごしました。
チキンを焼いて、シャンパンで乾杯です。

クリスマスの楽しみ方は、いろいろありますよね。
 
クリスマスの音楽を聴いたり、歌ったり、
ちょっと部屋を薄明かりにし、ロウソクを灯したり、
ポインセチアとくるみ割り人形を飾ったり。。。。。

どれかひとつでもちょっと演出するだけで
クリスマスの空気が部屋中にながれます。
 
.....と、こんな感じのムードで、
クリスマスの一夜を家族でたのしみました。

そして先日は、ディズニーランドに行ってきました。
クリスマスイベントの時期なので、
想像を絶するほど!?混んでいるのを覚悟で、
がんばって行ってきました!

ホーンテッドマンションなどは、あっという間に、
150分待ちでした(苦笑)。

娘にとっては、初めてのディズニーランドでした。
生後10ヶ月ぐらいの時に、連れていったことがあったのですが
本人はまったく記憶がないので、彼女にとっては、
初めてのディズニー訪問となったわけです。

私も主人も、ずっと家業を一緒に営んでいたこともあり、
夫婦そろってお休みのときは、人混みをなるべく避け、
のんびりしたかったので、ディズニーランドは縁遠いものになっていました。

でも長年、娘からのリクエストがあったので、
それを叶えてあげたいと思い、主人と密かに計画をしていました。

行く前日の夜、主人が「明日、ディズニーランドに行こう!」
と娘に言ったら、娘は急に泣き出しました。
とってもうれしかったようです。
こんなに喜んでくれて私も主人もうれしく思いました。

美女と野獣私も12年ぶりに行きましたが、夜の光のパレードはとても美しかったです。「美女と野獣」の色合いやコーディネートなど、
全体的なバランスの良さが私は気に入りました。(写真)

まるでスワロフスキーのクリスタルガラスで作られた
ステージのようにキラキラ輝いた動く舞台の数々。

これだけでもじゅうぶん見応えがありましたよ。

今年は、静寂とおもいっきり賑やかの両極端のクリスマスを過ごし、
娘も満足してくれたのではないかしら?
と母親心で感じでいました。。。。。

2007年12月10日

掃きそうじとシャンパンでリフレッシュ

ca08b2a3.jpgもみじ、いちょうの葉の紅色、薄黄色の色合いの
美しさをたのしめる毎日ですね。

日本ならではのこの独特な色合いを
見るたびに、日本は素晴らしい国とおもいます。

我が家の玄関の左側には、大きないちょうの木があるので、
毎日毎日玄関先は、いちょうの絨毯になります。

朝、玄関の掃きそうじをするのが、私の日課ですが、
掃いても掃いてもきりがないこの季節。

「黄色いじゅうたん」を楽しみましょう。

という感覚で「散った葉も風情があってよし」として、
散ったらすぐに掃くことをやめています(微笑)。

師走は、玄関の掃きそうじもおろそかになってしまうような
慌ただしい日々になりがちですが、5分でも朝の冷たい空気の中、
鳥のさえずりを聴きながら、掃きそうじをするだけで、
自然と心が落ち着きます。朝のリフレッシュになります。

年末年始は、来客も普段より増えますよね。

先日、お越しくださった玉木さんが
私の大好きなシャンパンをお持ちくださいました。シャンパンクリスタルルイ・ロデレールの「クリスタル」です。
たいていのシャンパンは、遮光瓶に入っていますが、

こちらは、ラッピングもゴールドのセロハン。
そして、瓶はクリスタルボトルを思わせる
透明なボトルに入っています。ほんとうにエレガント。

クリスタルは、ロシア皇帝アレキサンドル2世専用の
シャンパンとして造られたものです。

私は、ブリュット(辛口)が好きなので、
クリスタルのお味はお気に入りです。

シャンパンを飲むと、とても幸せな気持ちになる私です。。。。
玉木さん、ありがとうございました♪