2007年04月

2007年04月26日

12年前の今日は。。。。

5fdf3209.jpg今日は娘の12才の誕生日。
何だかあっという間に12才になってしまいました。

12年前、私は水中出産をしました。
私自身、出きる限り自然な形で産みたい、
そして自分の身体にあった出産をしたいと思い決めた出産の形でした。

腰痛を抱えていたので、固定式の分娩では腰がもたないと思い
どんな出産が自分に合っているのかをいろいろ調べました。
結果的には、自分の好きな位置で腰に負担なく産めた
水中出産が私には合っていたようでした。
思い出すといろいろドラマがありましたねえ。。

写真の陶器は、娘が1才前から使っていた思い出の品です。
小さい頃から、赤ちゃん用のプラスティック容器はなるべく使わず、
陶器が使えるように教えていました。

これは赤ちゃんの時に、娘が自分で選んだ大好きな陶器。
このティーカップに牛乳やお茶を入れて飲んでいました。
今でも大切に使っています。

その甲斐あって娘は今まで陶器類を割ったことがないんです。

親としては、割れたらどうしよう。。。と内心冷や冷やものでしたが
でも、これで丁寧な扱いが身につくのならと思って
覚悟を決めて使わせていました(微笑)。
 
今日も娘はこのお気に入りのティーカップに紅茶を入れて
バースデーケーキを頬張って食べていました。

12年後の24才ぐらいに、このティーカップを持って
嫁ぐ日がくるのでしょうか。。。。。

このティーカップを見ると娘の成長が
紙芝居をめくるようにひととき、ひとときが
ゆっくりと思い出されます。。。。。

今日、娘に夢を聞いたら
「バレリーナ」と応えていました。

「どうしてバレリーナなの?」と聞き返したら
「だって踊ることが大好きだから!」と。。。。

娘の話を聞いて自分自身の12才のころのことを
思い出していました。。。。

2007年04月05日

こころ新たに

dde2d9d0.jpg今日から娘は6年生。

早いものです。私たち人は変わっても、
桜はずっと変わらず
咲き続けているのですねえ。

今日も、道すがらひらひらと舞う桜の花びらを見ながら
そんなことを考えていました。

娘と小学校の入学式に参加し、夢と希望を抱いていた日が、
つい最近のように感じます。

思えば、娘が小学校に入学した時期、
私ももう一度、自分の人生を見つめ直してみようと思った時でした。
それで始めたのが、エレガントな立ち居振る舞いレッスンです。

古き良き時代の素晴らしいものを「生活の智恵」として
私たちの生活の中に取り入れてみる。。。。
そしうしたらもっと日常もステキに豊かなものになるのでは。。。。と
そう思って暗中模索して考えていた日々が懐かしく思い出されます。
 
私にとって、その古き良き素晴らしいものの代表がバレエだったのですが。
このようなことを人に伝えることができて今は幸せです。
 
皆さん、春休みはどこかにお出かけになりましたか?
私たち家族は、箱根に行きました。 
我が家から箱根まで、高速で1時間半ぐらい。
近場の箱根は早めにリフレッシュしたい時に最適です。大箱根ホテルホテル大箱根から眺める山々の景色が好きで
久しぶりに見たくなりました。
家族で意見が一致し急遽、出かけることに。

娘も久しぶりの小旅行で嬉しそうでした。
娘は、サービスエリアが好きなので
高速に入ると「サービスエリアまで、あとどれくらい?」
とすぐ聞きます。
 
そう言えば私も子どもの頃、そうだったかしら?(微笑)