2006年12月

2006年12月31日

今年のエレガンス納めは、やはりバレエ

ae7917bd.jpg2006年もあと数時間で幕を閉じます。
皆さまはどんな年でしたか?

私は、皆さまのご支援のお陰で、
とても充実した1年を過ごすことができました。
家族や友人、そしてサロン生の皆さま、
バレリーナスタイルファンの皆さま、
お仕事でご協力いただいている皆さま、
本当にありがとうございました。

来年はさらに美の探求とエレガンスを楽しむ毎日を送り
皆さまに喜んで頂けるようなメッセージを
発信していきたいと思います。
さらに実りのある一年にしたいと思っています。

今日は、東京サロン教室でたいへんお世話になっている
センチュリーハイアット東京の中林マネージャーを
おたずねして、家族で中国料理「翡翠宮」の
美味しい海老そばを頂きました。
私はこちらの海老入りつゆそばが大好きです。

東京サロンの生徒さんも
気に入って下さっている方が多いですよ。
今年最後のランチは翡翠宮の「海老そば」で食べ納めでした。

さて。。。。つい数日前に、
ロシアのバレエ団、レニングラード国立バレエの
「眠りの森の美女」のバレエを家族で観に行きました。
石田ご夫妻にお誘いをいただき、
ステキな一夜を家族で過ごすことができました。

先々週はバレエのお仲間の理恵さんにお誘いいただき
日本のバレエ団、
牧阿佐美バレエの「くるみ割り人形」を観に行きました。

もうバレエ三昧です。

牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形は、
チャーミングでユーモアたっぷりの舞台で
観客を楽しませるバレエでした。
近年の日本のバレエ舞台も素晴らしいです。
理恵さん、楽しい世界にお誘いいただき
ありがとうございました。

バレエ大国ロシアは、伝統を守りぬいた格式があります。
眠りの森の美女は 
フランスの17世紀、ルイ王朝時代を彷彿させる舞台です。

1890年にロシアのサンクトペテルブルグで初演されて以来、
世界中の人たちに愛されているバレエ作品です。

衣裳や森の様子など、ルイ王朝時代は
きっとあのような感じだったのねえ。。。と想像できて楽しいです。

主役のオーロラ姫は名前の通り、
まさしく内面からにじみ出る「オーラ」と「エレガントな美しさ」
が求められる難しい役です。
指先や手の表情で「エレガンス」を表現します。

ストーリーは、オーロラ姫が、悪の妖精カラボスに、
死の呪いをかけられるのですが、
善の妖精・リラの精によって呪いが解かれ、
100年の眠りに変えられて、
王子の愛によってオーロラ姫がめざめて幸せになるという
有名なストーリーですから、大人から子どもまで楽しめます。

主人と石田さんの御主人さまも大喜びで
男性もこのエレガンスの世界に引き込まれていました(微笑)。
最後はみんなで「ブラボー」コールです!

今日の主役は、写真上のエレーナ・エフセーエワ。
10年に一人の逸材と言われている
愛らしい若手バレリーナです。オーロラ姫役にピッタリでした。

ペレンのオーロラリラの精は写真左のイリーナ・ペレン。
ペレンは、容姿端麗。身体のバランスがよく、
写真のバレエポーズ(アラベスクという形です)を
男性の支えなしでも、
トゥーシューズで長い間片足で立っていられます。
 
3年前に「白鳥の湖」の舞台を観たときより
数段レベルアップして
より女性らしく美しく丁寧な踊りを今回は披露してくれました。

家族皆でロシアバレエに酔いしれたステキな時間でした。
友人ご夫婦と子ども達と一緒にバレエを楽しめるのは
うれしいですね。 

レニングラードバレエ団は、
2007年2月の上旬まで来日していますので
バレエをこれから観てみてたいとおっしゃる方にはオススメです。

2006年はバレエ・エレガンスで年納め。
石田ご夫妻、ステキな舞台にお誘いくださり
ありがとうございました♪

それでは
皆さまどうぞ素晴らしい年をお迎え下さいませ。

2006年12月24日

メリークリスマス!

e3d86d28.jpgメリークリスマス♪

皆さまはクリスマスをどのようにおすごしですか?

我が家は、子ども達も含めて15人ほど友人が集い
ホームパーティーをしました。

「我が家のクリスマスビュッフェ」と題して
料理好きの主人と手分けをして作りました。

私は生ハムと、サーモンのレモン風味あえ、
ニース風サラダ、鮭としめじのホワイトグランタン、
由美子風キーマカレーをつくりました。

主人はスペルト小麦のオリーブあえ、
レンズ豆の炒め物、香草チキンのオーブン焼きです。

今回は「ケーキ作り」までは到達せず、
お気に入りのケーキ屋さん、マリナドブルボンの
美味しいイチゴケーキをご用意しました。

友人との楽しい会話、華やかなシャンパン、
ささやかですが、心をこめて作った手作り料理。
ケーキ、クリスマス音楽、
ツリー下に飾った子ども達への可愛いクリスマスプレゼント、
そしてお越しくださったお客様のステキな笑顔。

今日のホームパーティーは、
娘がバレエ舞台の「くるみ割り人形」に出てくる
「クララ」、主人と私はクララの父と母になりきって
エレガントなおもてなしをしようね。と相談して準備をしました。
バレエ作品「くるみ割り人形」のエッセンスを
取り入れたホームパーティーです。

くるみ割り人形のバレエ舞台作品は
まさに12月24日のクリスマスイヴの日、
クララという女の子の家のホームパーティーで
楽しい舞台が繰り広げられます。楽しい作品です。

クリスマスは子どもから大人まで
世界中のひとたちが、それぞれのスタイルで楽しむ
一年で最も華やかな日ではないでしょうか。

ツリーの蝶ブログをご覧になられた方が、
「ツリーの上には、何が飾ってあるのですか?」とよくたずねられます。

そのリクエストにお応えして
我が家のツリーのトップに飾っているオーナメントを
アップでご紹介しますね。

星「☆」ではなく、「蝶」をトップに飾っています。
私は「蝶」や「妖精」のように
ひらひらと舞いながら幸せ感を表現したいと思い、
輝く星もいいのですが、「蝶」を選びました。

我が家にお越し頂いた方がツリーをご覧になられ、
幸せな気持ちになってくださることが私の喜びです。

2006年12月10日

「自分」の花を咲かせましょう

d4d936a1.jpg穏やかな日曜日。

娘は我が家から歩いて
10分ほどのところに住んでいる
おばあちゃまのところへ午後、でかけたので、
主人と二人で久しぶりにのんびりとした休日をおくりました。

昨日は東京サロンのレッスンが今年最後でした。

生徒さんから「今年お世話になった感謝の気持ちです。」
と白と淡いピンクの美しいローズの花を頂きました。

頂いたローズをながめ、
私は一人一人の生徒さんの顔を思い浮かべていました。

この1年、皆さんは様々な思いや希望、
そして美しくなるための悩みを持ちながら
熱心にサロンへ足を運んでくださました。

いまよりより一層輝きたいと思っている方。

子育てが一段落して50才を過ぎ、美しくあることをあきらめていた方。

40才になって女性らしさ、エレガントさに目ざめはじめた方。

このままではいけないと勇気を持って参加している方。

優しい女性になりたいと思っていらしている方。

女性らしく優雅な所作をみにつけたいと思っていらしている方。

生徒の皆さま、
来年は今年よりももっとご自分を美しく光らせてくださいね♪

皆さんは、日常で自分らしい美しさを
喜びから自然と表現できる女性になられるでしょう。

家の中、オフィスの中、学校の中、
日常生活の中で「エレガントプレジャー」の振る舞いを
実践してみてください。

周りの方にも、そのエレガントな喜びが自然と伝わります。
自分が満たされ幸せな気持ちで過ごしていれば、
争う気持ちなどなくなり周辺が「幸せ空気」に包まれます。

来年もレッスンを重ねるたびに美しく変化する
生徒さんの笑顔を拝見できることを
とても楽しみにしている私です。

自分らしい「花」を来年も咲かせましょう。

生徒の皆さん、すてきな薔薇のプレゼントを
ありがとうございました。
しばらく大切に育てますね。

2006年12月01日

紅葉と影あそび

イチョウの木師走。
2006年も残すところあと1ヶ月です。
あっという間の1年でしたが
とても充実した日々を送ることができました。

私は、慌ただしい心になりそうなときは
数分でも自然を眺めたり、好きなものに触れたりしながら
自分を取り戻す時間を大切に過ごします。

今日も街を歩き、ふと足を止めてほんの数分ですが、
紅葉をながめていました。

黄色く色づいた葉が美しく
青空に優しくなじんでいました。

足元を見るとまるで黄色いじゅうたんが敷かれたよう。。。

綺麗だったので写真をパチリ!
と思いシャッターを押そうと思ったら
自分のシルエットが黄色いじゅうたんの上に映えていました。

イチョウのシルエットマダム自分のシルエットを紅葉の上で、
こんな感じで確認できるなんて.....と
新たな美の発見でした。

光りと影のコントラストが綺麗で
思わず一人で微笑んでいました。

そこに品のいい仲睦まじい老夫婦の方が
通られ、ご夫妻もニコニコ笑って
こちらをご覧になっていらっしゃいました。

全く存じ上げない方ですが、
「綺麗ですね」
と私に声を掛けてくださいました。

私も「本当に綺麗ですね」
「黄色のじゅうたんが敷かれているようですね」
とお応えしたら、
「貴女も綺麗ですよ」
と言って下さり、恥ずかしくもありうれしくもありました。

自然を感じて楽しんでいた私にくださった
言葉のプレゼント。

一期一会のご夫妻から頂いた言葉のプレゼントに
今日1日、心が華やいだ気持ちでした。